京大坂道・不動坂道から高野山へ

2006-10-15

boo

高野山まで歩いて登ってみたいと思った。九度山慈尊院からの町石道をたどるコースに惹かれたが、一気呵成に高野山を目指すというのは少し体力的に不安がある。不動坂コースだと学文路から女人堂まで12km・約4時間だという。まずは、これが手頃かも。道のりをネットで探していると橋本市観光協会では関連のパンフレットを送ってくれるらしい。申し込んですぐに送っていただいたのだが、これが素晴らしい! B6・カラー刷り36ページの冊子である。編集/歩こう会編集委員「西高野街道の里道標石をたずねて」。堺市の西高野街道の起点から三日市を経て高野山女人堂に至るまでの道のりをイラストマップを主にやさしく解説してくれている。学文路から女人堂までの道中を心強く・楽しく助けてもらえました。感謝!

爽やかな秋晴れの10月15日、南海高野線学文路駅を朝の7時30分に同行5人で出発。「西高野街道の里道標石をたずねて」によると学文路の標高は80m とある。女人堂は870mとあるから約800mですか。長い一日になりそうだ。学文路からは柿畑の中を行く。和歌山の柿は、うまいし安い。農産物直売所に行かれることをおすすめする。さて、この道は生活道路にもなっているようで極楽橋までは全線舗装で途中狭い箇所も多くあるがよく車が通る。柿畑も過ぎた頃眼下に河根の集落と千石橋が見えるのだが、ここまで240mまで緩やかに登ってきたのに170mの河根まで下ることになる。もったいないなー。

河根の集落では気さくなおじさんが「どこまで行くねん?」「高野山」「気張りやー、この先えらいでー」「おおきに」。お言葉通りに千石橋を越えると胸突き八丁の急坂。この行程最大の難所だった。一気に50mを登って作水の小さな集落へ。ここからは長い緩やかな登りが神谷の集落の手前まで続く。少し下って今はひっそりと静まり返った神谷の集落(530m)は往時は大変に賑わった宿場町だったそうだ。ここから登って下って極楽橋(540m)へ。南海高野線の終点極楽橋駅はすぐ目の前。ここから女人堂まではガイド書には急峻の登りとある。

千石橋(左)、極楽橋(右)

まだお昼前だが歩き出して3時間半、最後の登りに備えて腹ごしらえ。極楽橋のたもとの道沿いに腰を下ろして昨日の残り物の炊き込み御飯を美味しくいただくことに。甘味も補給してさあ出発。極楽橋と高野山を結ぶケーブルの高架下を抜ければ奇麗に敷き詰められた石畳の道が続く。石畳の道は不動坂の始点と終点に敷き詰められその間は木屑を固めたようなものが敷かれていてクッションもよくとても歩きやすい道。覚悟していたほどの急な坂道でもなく(最後の登りは少し急)、途中ところどころに置かれた丸太のいすに座り込んだり稚児の滝、荘厳な感じの清不動を見るうちに女人堂まで到着。お疲れさんでありました。

女人堂にお参りした後は、高野山のお気に入り、「笹巻あんぷ」を買い込み、「みろく石本店」でくるみ餅・焼き餅を平らげ、さらに土産に仕入れ、そこからは奥の院まで行ってバス・ケーブルと乗り継いで帰るつもりだったが、山上の人・人・人の賑わいとバスの込み具合に嫌気がさして、また、不動坂道をもう一度歩きたいということもあって「みろく石本店」から元来た道を極楽橋まで下ることに。極楽橋駅を3時過ぎの電車に乗って、本日の高野山参詣ウォーキング(高野山甘味仕入ウォーキング?)は散会。

Copyright(c) 2013 高所恐怖症の山歩き All Rights Reserved.