南紀1日目

2006-09-03

boo

何を思ったか娘がどこかに旅行に連れて行ってくれという。学校は15日まで休みなので夏休みは避けて、3日の日曜日に南紀勝浦の国民休暇村に予約を入れる。当日は、快晴。吉野・大台から熊野を目指す。初めての鬼ケ城。ここを巡って熊野古道の松本峠を越え一周して戻ってくるという海あり、山ありで熊野古道というスパイスまでありの贅沢ウォーキングコース。・・・と、なるはずだった。

快晴の日の海は、美しい。鬼ケ城に足を踏み入れた時は今日の楽しいコースに満足できる予感があった。しかし、断崖絶壁をまとわりつく遊歩道に高所恐怖症の父親はあえなく白旗を揚げたのである。最初はこの少しの難所を越えれば・・・という淡い期待も虚しく、いつ果てるとも知れない苦難の小道が続くのである。

嫁さんと娘は平気の平左で軽やかに歩ける道が、ひざがガクガクして、歩けない。二人に謝ってUターン。広い場所に戻った時はホッとしましたね。当分二人には頭が上がりそうにない。で、仕方ないので先に進むことに。新宮手前の紀宝町うみがめなんとかという道の駅で小休止。ここの売店で美味しそうなめはり寿司とさんま寿司があったので昼ご飯にゲット。うみがめの展示室もあってふ化したばかりの子うみがめが可愛く泳いでいた。

なんか、得した気分で本日の宿・勝浦国民休暇村を通り過ぎ那智山へ。大門坂を歩くのが今回の最大の目当てである。広い駐車場でさきほどの寿司を頬張る。うまい! 旨かったですよ。デザートとしてついでに買ったシフォンケーキもGOOD! さて、大門坂 - 那智大社 - 那智の大滝と一巡して駐車場に戻ればさすがに疲れたので、少し早いが宿にチェックイン。

Copyright(c) 2013 高所恐怖症の山歩き All Rights Reserved.