梅雨の晴れ間に吉野山

2006-07-04

boo

今日はひとときの梅雨の晴れ間。仕事は、昨日片付いて、ヒマ???。せっかくだからどこかへ出かけよう! サクラのない吉野山もいいかも。京阪奈道路も一部開通したそうで、しかもタダだそうだから、吉野を目指そう。

出発は9時15分。紀見トンネルを越え林間田園都市から彩の台、そして京阪奈道路・橋本東I.C・・・五条北I.Cと片側1車線、制限速度60kmだが快適な道。吉野神宮の先にある駐車場まで約1時間。思ったより、近い! 駐車場はナント無料! 素晴らしい、いいところだ、吉野山って! 身ごしらえとトイレをすませて10時30分から歩きはじめる。

蔵王堂・仁王門

蔵王堂

桜の季節にしか来たことはなかったが、この季節、梅雨時ということもあってかひっそりと静まり返っている。総門をくぐり客一人いない軒を連ねた土産物屋の前を通り、仁王門。どちらが恐ろしいかいい勝負の嫁さんと仁王様をカメラに収め国宝・蔵王堂。さて、上千本から奥千本へのハイキングコースを目指すつもりが道を間違え奥千本ドライブウェイを進むことに。単調で道幅の広い舗装路を登ること30分、やっと間違いに気付きました。

蔵王堂

確かこの道はうねりくねって奥千本に続くはず、詳しい地図もなくどの程度の距離かも分からず断念して、引き返すことに。上千本に戻るとちょうど12時。予定では水分神社近くの花矢倉でお弁当を広げるはずだったが、ここから再度奥千本までチャレンジする気力はなく、近くの高台で蔵王堂を望みながら腹ごしらえ。ここから如意輪寺までの道はお花見時分には人、人、人の華やいだハイキングコース、だが、今日はひっそりと静まり返った山中の道。如意輪寺にお参りし吉野温泉経由で近鉄吉野駅から七曲りを経て駐車場に。疲れた身体に最後の坂道は辛かったが、登るにつれ道の両側に見事なアジサイの群生。6月24,25日はアジサイ祭りだったとかで、まだまだ見応えは十分。思わぬ目の保養をさせてもらえた。駐車場に帰ったのは14時。歩行時間は3時間程度の古刹と花巡りのいいウォーキングタイムだった。

如意輪寺

Copyright(c) 2013 高所恐怖症の山歩き All Rights Reserved.